フルーツは、
生のまま食べられますから、
手軽に口に出来ますよね。

 

ですが冷凍保存をすることで、
フルーツの栄養価はアップします。

スポンサードリンク

フルーツを冷凍するメリットは?

フルーツには冷凍することで、
栄養価がアップする物があります。

 

多くのフルーツは冷凍した方が、
ビタミンC抗酸化物質の量が、
高くなったという報告があります。

 

ですから、
冷凍をすることで長期的な保存ができて、
栄養価が高まるわけですから、
多くのフルーツは冷凍した方が良いのです。

 

フルーツを冷凍するコツは?

フルーツ

フルーツの多くが、
冷凍することで栄養価がアップします。

 

でもが劣化する物があります。

 

ではどのようなフルーツが、
冷凍に向いているのかというと、
味の濃いフルーツです。

 

フルーツを冷凍すると、
甘みや酸味が感じにくくなります。

 

しかし濃い味のフルーツなら、
適度な甘みと酸味が残り、
食べやすくなります。

 

このことを考えると、
マンゴー、ライチ、巨峰などは、
味が濃いので冷凍向けと言えるでしょう。

スポンサードリンク

冷凍保存に向かないフルーツは?

フルーツには、
冷凍に向かない物があります。

 

味の薄いフルーツ以外にも、
水分の多いリンゴ、梨、柑橘類は、
冷凍保存に向いていません。

 

このような味の薄いフルーツや、
水分の多いフルーツを冷凍したのなら、
アイスやヨーグルトと一緒に食べるなどの、
工夫が必要となります。

 

フルーツを冷凍保存するときのコツは?

冷凍

フルーツを冷凍保存するとき、
味の濃いフルーツを選ぶのがコツの1つ。

 

また下ごしらえをしっかり行うことも、
美味しく冷凍するには大切です。

 

例えば、
凍ったまま食べられるようにするため、
下ごしらえとして皮をむき食べやすいサイズにすると、
冷凍フルーツを美味しく食べられます。

 

あと冷凍をするとき冷凍焼け対策として、
ラップで包んだりジップブロップ保存袋を使い、
外気にフルーツを触れさせないことも大切です。

 

冷凍焼けとは?

冷凍焼けというのは、
食べ物の表面から水分が蒸発して、
脂肪が酸化する現象です。

 

変色や味が落ちるなどの、
問題が起こります。

 

保存袋やラップを使う時の注意点

冷凍をすると、
容量が増えてしまいます。

 

ですから保存袋やラップには、
あまり詰め込まないようにしましょう。

 

平らになる程度につめて、
冷凍をすることが大切です。

 

冷凍保存したフルーツの賞味期限は?

栄養

冷凍したフルーツの賞味期限は、
12ヶ月が目安とされています。

 

この期間を忘れないように、
保存に使ったラップなどには、
保存日を記入しておきましょう。

 

冷凍保存したフルーツの解凍方法

冷凍保存したフルーツは、
室温で自然解凍させると、
美味しく解凍できますよ。

 

完全に解凍をするには、
70分ほど掛ります。

 

もし待ちきれない場合は、
半解凍状態のフルーツを、
シャーベットとして食べるのも良いでしょう。

 

このように冷凍をうまく活用すると、
フルーツからより多くの栄養を摂れますよ。

スポンサードリンク


おすすめの記事