腰痛には、
ギックリ腰や筋肉痛など、
色々な原因があります。

 

原因が何であるか、
日常生活の過ごし方など、
様々な要因で
腰痛が治る期間は変わってきます。

 

では腰痛が治るには、
一般的にどの程度の期間が、
必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

腰痛が治るまでの期間

腰痛の原因が何であるか、
痛みの程度、日常の過ごし方など、
様々な要因で、
腰痛が治るまでの期間は変わります。

 

急性腰痛やぎっくり腰が治る期間は?

急性腰痛ぎっくり腰は、
治るまでに2週間~1ヶ月が、
必要とされています。

 

原因となった動きを続けていると、
再発の可能性が高くなるそうなので、
注意をしましょう。

 

慢性腰痛が治る期間は?

慢性腰痛が治るのには、
2ヶ月~3ヶ月が必要とされています。

 

足にしびれがある場合などは、
6ヶ月かかるとされています。

 

なぜ慢性腰痛が治るのに、
これほどの期間が必要なのか?

 

それは慢性腰痛というのは、
日頃の生活での体の使い方が、
原因となっていることが多いから。

 

仮に治療で楽になったとしても、
腰痛の原因となった動きを続けていると、
傷みが戻ってしまいます。

 

このため慢性腰痛を治すためには、
生活習慣を見直す必要があり、
そのために時間が必要となります。

スポンサードリンク

終わりに

腰痛が治る期間には、
腰痛になってからの生活が、
大きな影響を与えます。

 

ですから、
家ではどんな姿勢をしていることが、
多いのかなどを把握しておいた方が、
腰痛が治るまでの期間を縮められます。

 

また病院などで治療を受けてから、
日常の中で腰を痛めた動きを続けると、
腰痛が再発することがあるので、
日常の動きを把握することは、
再発を防ぐ意味でも重要となります☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事