渡辺謙さんといえば、
日本の大物俳優。

 

今回は渡辺謙さんが出演した、
ハリウッド映画をリサーチしました。

スポンサードリンク

初めてのハリウッド映画:ラスト・サムライ

2003年の作品。

 

渡辺謙さんの名前が、
ハリウッド映画に載るようになったのは、
2003年に公開されたラスト・サムライから。

 

日本人にとって、
ラスト・サムライは渡辺謙さんが初めて、
国外映画に出た作品という印象が、
強いのではないでしょうか?

 

2作目のハリウッド挑戦映画:硫黄島からの手紙

2006年の作品。

 

世界的な映画監督である、
クリント・イーストウッドが、
手がけた作品としても、
硫黄島からの手紙は有名です。

 

硫黄島からの手紙に出演した他のキャストは、
オーディションで選ばれて、
唯一渡辺謙さんだけが、
監督から出演の依頼があったそうです。

 

また硫黄島からの手紙は、
クリント・イーストウッド監督が、
ゴールデングローブ賞の授賞式で、
”偉大なケン・ワタナベに敬意を表する”と、
行ったことでも話題になりました。

 

3作目のハリウッド挑戦映画:インセプション

2010年の作品。

 

インセプションの監督である、
クリストファー・ノーラン。

 

彼からも渡辺謙さんは支持されて、
ハリウッド映画で欠かせない、
日本人俳優の一人と称されるようになる。

 

4作目のハリウッド挑戦映画:GODZILLA ゴジラ

2014年の作品。

 

2014年になると、
渡辺謙さんはGOZILLAに挑戦。

 

GOZILLAは、
伝説とも言える日本映画ゴジラのリメイク版。

 

渡辺謙さんはメインキャストの、
特別研究機関モナーク所属の、
生物科学者を演じています。

スポンサードリンク

渡辺謙の英語

渡辺謙さんは英語を学び始めたのが、
ラスト・サムライの出演が決まってから。

 

このガッツはすごいですよね。

 

渡辺謙さんの英語発音を、
下手くそっていう人もいます。

 

ですが英語発音というのは、
地域により違いがあります。

 

この違いはアメリカ国内だけでもあるし、
イギリス国内だけでもあります。

 

もちろんアメリカとイギリスとでは、
英語はの発音は微妙に違います

 

更に言えば西欧圏の人の発音と、
アジア圏の人の発音も違います。

 

いわゆる訛りみたいなものです。

 

映画に詳しい人の中には、
この訛りがないのなら、
海外の俳優や女優を、
雇う理由は無いという人もいます。

 

日本人俳優なら、
日本人っぽい英語の訛りが、
あった方が良いということですね。

 

ですから渡辺謙さんの、
英語の発音というのは彼の魅力とも言えるのです。

スポンサードリンク


おすすめの記事