お盆のお供え物は、
生物の場合は早めに、
処分しないとならない。

 

では、
どのような処分の仕方が、
マナーと言えるのか?

 

今回は、
お盆のお供え物の処分の仕方を、
リサーチしたよ。

 

お盆に困らないお供え物情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

お盆のお供え物、最高の処分の仕方

お盆のお供え物は、
家族みんなで食べるのが、
最高の処分と言われている。

 

仏様はお供え物の気と、
線香の煙を食べるとされている。

 

だから仏様が食べた、
お供え物を食べることは、
食べ物を仏様と、
共に供するという意味がある。

 

だから食べ物を仏様と共有するので、
仏様との繋がりが深くできるとされている。

 

お供え物を食べないのなら

お盆

お盆のお供え物は、
食べるのが最高の処分の仕方。

 

でも色々な理由から、
食べられない時もある。

 

お盆のお供え物を食べられない例

たくさんのお供え物をもらった。

 

お供えしている間に、
お供え物が傷んでしまった

 

御仏壇にお供えした食べ物を、
口にするのに抵抗感がある。

 

それと生花などのように、
食べることのできない物もあるよね。

 

お供え物を食べる以外の処分の仕方

お供え物

お盆のお供え物というのは、
少し前までは土に埋めたり、
川に流すなどしていた。

 

でも現在は、
環境への影響などから、
このような自然に還すようなことは、
行っていない。

 

最近のお供え物の処分方法

最近は半紙に包んでお供え物を、
ゴミとして捨てる家庭が多い。

 

お供え物を下げるとき、
仏様にお供え物をもらったことを感謝してから、
下げてゴミに出す。

 

また、
菓子折りや果物であれば、
お参りに来た人に配る場合もある。

スポンサードリンク

お供え物を下げるタイミングは?

処分

お盆というのは、
13日~16日まで行う。

 

でも他の行事と同じで、
地域差が存在している。

 

ある地域では旧暦に合わせたり、
別の地域では1ヶ月遅かったりする。

 

もし日持ちするお供え物であれば、
お盆が終わるまでお供えしておく。

 

でも日持ちしないお供え物であれば、
1日上げただけで下げることも多い。

 

終わりに

お盆はご先祖様の霊を、
お迎えする行事。

 

お供え物というのは、
そんなご先祖様のために供える物。

 

だからお供え物を下げるときには、
どのような処分をする場合でも、
しっかりと感謝を伝えることが大切。

 

お盆のお供え物を下げるときには、
ご先祖様への感謝の想いを再確認しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事