水毒というのは、
東洋医学の考え方で、
水が身体に悪さをしている状態のこと。

 

今回まとめたのは、
水毒を改善する食事について。

 

水のガブ飲みに気を付けたくなるお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

水を飲むという行為は?

水を飲むことは、
健康や美容に良いと言われている。

 

でも1日に1.5Lを大幅に超える水を摂ると、
身体に悪影響が出る場合がある。

 

それが水毒

 

水毒とは:事前知識

水毒

水毒というのは、
東洋医学の考え。

 

東洋医学で健康というのは、
気・血・水(き・けつ・すい)が、
淀みなく体内を回っている状態。

 

気・血・水(き・けつ・すい)について
  • =エネルギーを表す
  • =血液を表す
  • =体液を表す

 

この中の水の流れが、
おかしくなると水毒になる。

 

水毒とは?

水毒とは、
気・血・水(き・けつ・すい)の水に当たる。

 

体液の環境が乱れるて、
体に変調をきたした状態。

 

特に運動不足や病気で、
水分の代謝が悪くなっていたり、
胃腸が弱い人に水毒は起こりやすい。

 

また水を大量に飲み過ぎた場合以外でも、
アルコールや甘い物を、
多く摂った場合にも水毒になるとされている。

 

水毒の症状は?

水毒の症状には、
以下のような物がある。

 

水毒の症状
  • 偏頭痛
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 疲労感
  • 舌がボテッとした感じ
  • 下痢
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下腹部のポッコリ
  • 下半身がむくみやすい
  • 下まぶたのたるみ
  • 胃の辺りがポチャっと音がする
  • あごのたるみ
  • 目の輝きがない
  • 唇の色が悪い
  • 唇がカサカサしている
  • 顔全体がむくんでいる
  • シミ
  • ソバカス
  • 肝斑(かんぱん)

スポンサードリンク

水毒の原因は?

夏などの暑い日には、
水分の補給が必須。

 

でも冷房の利いた場所に、
1日中いるのなら水分の摂り過ぎで、
水毒になることがある。

 

また足腰の筋肉が衰えて、
血流が悪くなったことが原因で、
水毒になることもある。

 

水毒にならない水の飲み方は?

水毒

人間が、
1日に排出する水分量は2.3L

 

水分不足を避けるには、
この水分を補充する必要がある。

 

食べ物関連で、
だいたい0.8L分の水分は補給可能。

 

残りの1.5Lを、
水を飲むなどして補給することになる。

 

1日に1.5Lを目安に、
数回に分けて水を飲むと良い。

 

このとき身体を冷やさないように、
極端に冷たい飲み物は避けよう。

 

水毒の解消方法は食べ物で!

水毒の解消に良いとされているのが、
陽性食品という者。

 

味噌や豆板醤などの発酵調味料や、
寒い土地原産で旬が冬、
色が濃くて水分が少ない食べ物などが、
陽性食品とされている。

 

具体的には以下のような食べ物
  • 味噌
  • 豆板醤
  • 天然塩
  • 赤身の肉
  • 黒砂糖
  • 紅茶
  • 玄米
  • 海藻
  • ニンジン
  • タバスコ
  • そば
  • しょうゆ
  • ショウガ
  • シナモン
  • ゴボウ

 

また発汗を促す食べ物も、
水毒の解消に良いとされている。

 

発汗を促す食べ物
  • 唐辛子
  • ネギ
  • ショウガ

 

あと根野菜も、
水毒には良いとされているよ

 

根野菜
  • ニンジン
  • 大根
  • ジャガイモ

 

食べ物以外の水毒解消

食べ物以外にも、
水毒の解消方法はある。

 

以下のようなことを行ってみよう。

 

食べ物以外の水毒解消
  • 汗をかく
     ○ウォーキングなどを習慣にする
     ○入浴やサウナで発汗する
  • 温かい飲み物を飲む
     ○オススメは
       ショウガ湯
       ショウガ紅茶
       梅干し番茶
  • 身体を冷やさないようにする
     ○腹巻きなどでお腹を守る
  • 食べ物に気を付ける
     ○身体を冷やす食べ物に注意する
     ○緑色の野菜、牛肉、なすは体温を下げる
  • ふくらはぎをマッサージする
     ○ふくろはぎは血液を押し上げるポンプの働きがある
     ○下から上へとマッサージすると良い

 

終わりに

今回まとめたのは、
水毒解消につながる、
食べ物についての話。

 

夏なんかに水分を摂りすぎて、
調子が悪い時には、
水毒になっている場合がある。

 

もし水毒の可能性があったら、
今回ご紹介した食べ物で対処しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事