クーラーボックスは、
保冷力が低いと致命的。

 

特に夏場だと、
中に入れた食べ物が、
酷い頃になる。

 

だから今回の記事に書いた、
保冷力UPの工夫を使って、
更に保冷力をUPさせよう。

 

クーラーボックスにもっと活躍させる情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

クーラーボックスの保冷力をUPさせるには?

クーラーボックスの保冷力を、
アップさせるには色々な方法がある。

 

面倒な方法もあるけど、
逆に楽な方法もあるよ。

 

だからとりあえず、
楽な方法を利用して、
保冷力をアップさせてみよう。

 

簡単な保冷力をアップさせる方法
  • クーラーボックスを包む
     ○小型クーラーボックスなら
       ソフトクーラーボックスに入れる
     ○大型クーラーボックスなら
       銀マットなどで包む
        直射日光を反射させるために
  • クーラーボックスを地面から離す
     ○地面の熱の影響を与えないため
     ○角材などの上に置く
  • 大きいクーボックス内に小さなクーラーボックスを入れる
     ○小さい方に保冷剤を詰めると温度調整ができる
       →小さいボックスのフタの開け閉めだけで
  • 保冷剤を何かで包む
     ○エアキャップなどがオススメ
  • 高性能な保冷剤を使う
     ○アウトドアブランドの保冷剤などを使う
  • 食材や飲み物を凍らせて入れる
     ○保冷剤代わりになる
  • クーラーボックスを開ける回数や時間を減らす
     ○ボックス内の冷たい空気の漏れを減らすため

 

これらの方法なら、
簡単に保冷力をUPできる。

 

だから使えそうな方法から、
積極的に試してみよう。

スポンサードリンク

保冷剤について

保冷剤と一言でいっても、
物によって性能は大きく異なってくる。

 

その中でも、
アウトドア製品の保冷剤は、
全般的に性能が良い傾向にある。

 

長時間冷たい状態が、
続く物が多い。

 

でも冷やすのに、
18時間以上かかるものが多いから、
その点には注意しよう。

 

終わりに

クーラーボックスの保冷力は、
少しの工夫でUPさせられる。

 

だから夏になったら、
そんな工夫を知っているかで、
食中毒の発生度が大きく減る。

 

このことを考えると、
保冷力UPの工夫を知っておいても、
損はないハズだよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事