レインコートで自転車に乗ると、
顔に雨がすごい勢いでぶつかって、
地味に痛い……。

 

それにママであれば、
お化粧も崩れてしまう。

 

今回まとめたのは、
レインコートで自転車に乗っても、
ママの顔が濡れないコツと服を濡らさないコツ

 

雨の日の苦痛を減らすための情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

雨の日の傘

雨の日に傘を差すのは、
片手運転でとても危険。

 

それ以前に道路交通法が変わり、
2015年の6月から傘差し運転は、
罰金5万円以下となった。

 

だから自転車に雨の日に乗るのなら、
レインコートという選択肢だけということになる。

 

自転車に乗るのに向いているレインコートは?

ママが自転車に乗るとき、
どのようなレインコートが良いのだろう?

 

とりあえず、
以下の点に注意して選ぼう。

 

ママが自転車に乗る時向けのレインコート

  •  ○以下のような形がオススメ
       丈の長いレインコート
       上下別になっているレインコート
       自転車専用のレインコート
       オシャレなトレンチタイプは徒歩用だから注意
  • 絞りが付いている物を選ぶ
     ○顔部分や裾がひもなどで絞れる物を選ぶと良い
       雨の吹き込みが減るから

  •  ○目立つ色を選ぶ
       車の運転手が気付きやすくなるため
     ○赤、黄、白などが目立ちやすい
  • 裏地にメッシュがついた物
     ○汗による不快感が減る
     ○服が湿気で濡れるのを防ぐ

 

自転車を動かすためには、
サドルにまたがってペダルを、
漕がないとならない。

 

だから服の裾などが、
濡れてしまうから注意しよう。

 

理想としては、
自転車用のレインコートを用意したい。

 

と、言っても、
自転車用のレインコートだけで、
雨を完全に防げるというわけじゃあないけどね。

 

楽天の自転車用レインコート一覧へ

スポンサードリンク

雨からママの顔や手足を守る方法

ここではレインコートを着て、
自転車に乗るときママの顔や手足を、
雨に濡れることから守る方法をまとめるよ。

 

以下のような工夫をすると、
雨に濡れるのを防げる。

 

雨の日に行いたい工夫
  • 顔が濡れるのを防ぐ
     ○最終兵器はサンバイザー
       サンバイザーを被ってからフードを被る
       見かけは凄い事になるけど効果は最強
     ○レインハット
       サンバイザーが嫌という方はコチラ
  • 手や裾が雨に濡れるのを防ぐ
     ○布製手袋を装着後、ゴム手袋を着用
       こうすると蒸れるのを防げるし寒さも防げる
       ただし手が滑りやすくなるので注意
  • 足が濡れるのを防ぐ
     ○ゴム長靴を着用する
       ブーツタイプが動きやすいのでオススメ
  • 持ち物が濡れるのを防ぐ
     ○普通のバッグなど
       レジ袋やポリ袋を利用する
     ○背負うバッグやカバン
       アウトドアショップにある専用カバーを用意する
       デイバッグ用なら2000円ほど
  • 子供が濡れるのを防ぐ
     ○チャイルドシートに着用可能なレインカバーを利用する
       チャイルドシートごと被せられる

 

まとめ

今回まとめたのは、
ママがレインコートを着て自転車に乗ったとき、
なるべく濡れなくする方法。

 

レインコートだけだと、
細かいところがどうしても濡れてしまう。

 

だからいくつかの工夫を組み合わせて、
雨に濡れないように頑張ろうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事