日傘の多くには、
UVカット加工が施されている。

 

でもその効果には、
寿命があるから注意したい。

 

今回まとめためのは、
日傘のUVカット効果について

 

日傘の寿命や効果の話だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

UVカットされた日傘の寿命は?

UVカット効果を付与された日傘は、
2~3年でその効果を失う。

 

だから2年ほどが、
日傘の寿命と言えるよね。

 

日傘の寿命は延ばせる

日傘

日傘を普通に使っていれば、
2~3年でUVカットをする効果に、
寿命がきてしまう。

 

でも衣類用UVカットスプレーという、
アイテムを使うことで、
UVカットをする効果の寿命を延ばせるよ。

 

日傘の寿命を延ばすためには、
日傘を買ったら月に1回のペースで、
スプレーをするといいよ。

 

日傘の美容効果

日傘にUVカットをする効果を、
求める方の多くは、
紫外線から肌を守ることが、
目的だと思う。

 

でも日傘で受け止める光は、
総紫外線量の4割程度。

効果

 

これは太陽光の多くが、
散乱光として降り注ぐため。

 

散乱光とは、
太陽光が窒素や酸素といった、
分子などにより進行方向が、
歪められた光

 

散乱光は、
太陽からまっすぐに届かず、
おかしな方向から襲ってくるから、
日傘では防ぎにくいんだ。

 

だから日傘だけで、
紫外線を防ぎきるのは不可能

 

でも4割の紫外線は受け止められるから、
他の紫外線対策とうまく組み合わせよう。

 

日傘の色々な表記について

日傘を購入するとき、
色々な表記を見ることになる。

 

ここでは、
日傘を選ぶ前に知っておきたい、
紫外線に関する表記をまとめるよ。

 

日傘の表記例
  • 表記例1:斜光率&UVカット率
     ○遮光率
       太陽光などの光を遮る度合いのこと
     ○UVカット率
       紫外線を遮る度合いのこと
  • 表記例2:UVカット加工&UVカット素材
     ○UVカット加工
       日傘の完成後にUVカット加工を施した
       UVカット効果の寿命は2~3年
     ○UVカット素材
       日傘を作る過程で素材に紫外線加工を施した
       効果の劣化が緩やかで長く効果が続く
       値段が高くなる傾向にある
  • 表記例3:雨晴兼用&晴雨兼用
     ○雨晴兼用
       雨傘にUVカット加工を施した
     ○晴雨兼用
       日傘に防水加工を施した

スポンサードリンク

紫外線を意識した日傘選び

先に書いた、
日傘の表記例を参考に、
紫外線に強い日傘を選ぼう。

 

さらに日傘の色や素材によっても、
UVカットの効果に違いが出てくるから、
これらにも注意したい。

 

紫外線を意識した日傘は?

  •  ○黒が最も紫外線を防ぐ
  • 素材
     ○ポリエステルは紫外線を通しにくい
       ただしポリエステルは熱を帯びやすいので熱くなる
     ○絹、綿、麻などは色あせしやすいから注意

 

色々と日傘はあるけど、
ロサブランサンバリヤといった、
ブランドの物が良い日傘として有名。

 

少し高いけどね→楽天のロサブランの日傘一覧へ

 

この位の値段なら、
実際のお店で実物を確認してから、
購入しても良いかもね。

 

終わりに

今回は、
日傘のUVカット加工について、
寿命などをまとめたよ。

 

日傘には寿命があるから、
UVカットスプレーによるメンテナンスは、
行った方が良いかもしれない。

 

でもUVカットスプレーは、
それなりの値段がする物もある。

 

だから、
よほど気にいっている日傘でない限り、
UVカットスプレーを2年間も使えば、
総額が日傘の値段を遥かに上回る事態も。

 

この辺りのことも考えて、
日傘は使うようにしよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事