お弁当が腐りやすくなる時期に、
保冷剤は必須。

 

この保冷剤は、
いつから入れると良いの?

 

それと最大の効果を得るには、
どんな点に気をつければいいの?

 

今回まとめたのは、
保冷剤のお弁当への効果的な使い方

 

やっぱり知っておきたい保冷剤情報だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

保冷剤材って何?

保冷剤と一言でいっても、
色々な種類がある。

 

ケーキ店で何かを買ったら、
一緒に入れてくれる、
冷たいアレも保冷剤。

保冷剤

 

また100円均一なんかで見かける、
プラスチック容器を、
冷やして使うあれも保冷剤。

 

大きさもバラバラで、
小さい物~大きなものまである。

 

でも基本として、
保冷剤は使っても冷やせば再利用できる、
物を冷やす道具だと思ってくれれば大丈夫。

 

保冷剤でお弁当を効率的に冷すコツ

保冷剤をお弁当箱と一緒に、
保冷ボックスなどに入れるだけでも、
それなりの効果はある。

 

でも最高の効果を期待するのなら、
以下の点に気を付けよう。

 

保冷剤でお弁当を効率的に冷すには
  • フタの上に乗せる
     ○冷たい空気は上から下へと流れるため
  • ガーゼで保冷剤は包む
     ○保冷剤は水滴が付くため

 

この2点は、
保冷剤を使うときの基本。

 

さらなる保冷剤の効果を求めるのなら、
以下のようなことをしよう。

 

保冷剤と一緒に使いたい方法
  • 500mlのお茶をペットボトルごと凍らせる
     ○保冷ボックスなどの中にお弁当と一緒に入れる
  • 一口ゼリーを凍らせて保冷剤代わりに使う
     ○お弁当箱に入れることで内側からお弁当を冷やす
  • 自然解凍で食べられる物を弁当箱に入れる
     ○最近では自然解凍でそのまま食べられる物も多い
     ○自家製の冷凍食材の場合
       食べる直前に電子レンジを使用する
  • 凍らせた果物を持っていく
     ○保冷ボックスなどの中にお弁当と一緒に入れる

 

保冷剤を入れるのはいつから?

お弁当が腐る原因は、
細菌の繁殖。

 

細菌がお弁当を変質させて、
腐らせるのが原因。

お弁当

 

だから保冷剤の使用は、
細菌を繁殖させないことが、
最大の目的になる。

 

細菌の繁殖は、
30℃~40℃の間が、
もっとも活発になる。

 

だから30℃以上にならないように
保冷剤を入れたい。

 

大体予想最高気温が、
25℃を超えそうになったら、
保冷剤を入れるようにしよう。

スポンサードリンク

クーラーボックスを使用すると尚のこと良い

保冷剤を効果的に使用して、
お弁当箱の中身を守りたいのなら、
クーラーボックスを使用すると、
さらに効果的になる。

 

この場合クーラーボックスの中に、
お弁当箱と保冷剤を一緒に入れる。

 

このとき以下の点に気を付けよう。

 

基本としては、
余計なスペースを無くすように、
保冷剤を詰めるのがコツとなる。

 

クーラーボックス+保冷剤のコラボ
  • 保冷剤をお弁当箱の上におく
     ○冷たい空気は下に、温かい空気は上に行く
       →クーラーボックス内で空気の対流が起こる
       →クーラーボックス内部全体が冷える
  • お弁当とクーラーボックスの隙間
     ○凍らせた飲み物や食材で埋める
     ○小さな保冷剤を詰める
  • クーラーボックスの底に保冷剤を敷く
     ○アウトドア用グッズの物が協力でオススメ

 

徹底するのなら、
このようなことを行なった方がいいよ。

 

少し──いや、かなり大変だけどね。

 

クーラーボックスに入れる保冷剤の数や大きさ

クーラーボックスに入れる、
保冷剤は数が多いほど良い。

01MIL77002

 

でも数が多いほど、
お弁当を入れるスペースが、
小さくなる欠点がある。

 

だから適度な数を、
見極める必要がある。

 

クーラーボックスに入れる保冷剤は、
サイズに応じて以下の特徴があるよ。

 

保冷剤のサイズごとの特徴
  • 大きい保冷剤
     ○空気に触れる面が少ない
       →溶けにくい
  • 小さい物
     ○隙間などに詰めやすい

 

ちなみに、
保冷剤は以下の場所に、
入れることができる。

 

クーラーボックスの保冷剤を入れられる場所
  • 天井付近
  • 底部
  • 隙間
  • お弁当の中
     ○凍らせたおかずなどを使う

 

保冷剤の効果を長持ちさせるには?

保冷剤をお弁当に使ったのなら、
保冷効果を長持ちさせた方が、
安心感が高い。

 

ではどうすれば、
保冷剤を長持ちさせられるのだろう?

 

保冷剤の効果を長持ちさせる方法
  • クーラーボックスを予め冷やしておく
     ○凍らせた氷などを出発直前にまで入れておく
     ○出発直前に保冷剤やお弁当箱と入れ替える
  • クーラーボックスの開閉はなるべく減らす
     ○外の空気が入ることで保冷剤は溶けていく
  • クーラーボックスに直射日光を当てない
     ○直射日光はかなり熱いため
  • お弁当箱をアルミシートで包む
     ○お弁当箱に接する面には銀ではない方を当てる
       熱を反射させることができる

 

終わりに

今回まとめたのは、
お弁当の中身を保冷剤で守るコツと、
保冷剤を使うのはいつか。

 

とりあえず、
予想最高気温が、
25度を超えそうになったら、
保冷剤の使用を開始しよう。

 

保冷剤を使っただけで、
お弁当が腐る可能性がグンッと減るよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事