クーラーボックスは、
色々な場面で活躍する。

保冷力

 

でも保冷力が低いと……。

 

そこで今回は、
クーラーボックスの保冷力アップを、
簡単な改造で行う方法をリサーチしたよ。

 

クーラーボックスを120%活躍させる情報さ☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

クーラーボックスは何故保冷力があるのか?

クーラーボックスに、
保冷力があるのは、
熱を逃がしにくい構造をしているから。

 

断熱材に覆われていて、
中に入れた物の温度を維持し、
外の温度の影響も減らす。

 

クーラーボックスの保冷力を高めるには

クーラーボックス

クーラーボックスの保冷力は、
断熱効果を高めることで、
向上させることができる。

 

保冷力アップには、
2種類の熱の反射が鍵となるよ。

 

保冷力アップの鍵
  • 外部からの熱を反射させる
  • 内側からの冷気を反射させる

 

ではどのようにすれば、
保冷力をアップさせられるのだろう?

 

改造の動画

改造の動画があったので、
貼り付けさせてもらったよ。

スポンサードリンク

保冷力をアップさせる改造方法

クーラーボックスの保冷力は、
簡単な改造でアップさせられる。

 

その改造とは、
断熱効果のあるアルミシートを、
敷き詰めるだけ。

 

物によっては、
少しドライバーを使うけど、
それほど難しくはないよ。

 

クーラーボックスの改造方法
  • 本体の改造
     1:本体を分解する
     2:中の発泡スチロールに貼る
       アルミシートを貼る
       発泡スチロールの外側に白い方を貼る
        クーラーボックスの外側に銀色が向くようにする
       もしくはインナーケースの外側に貼る
  • 蓋の改造
     1:蓋を分解する
     2:蓋が宙空なら発泡スチロールを入れる
        発泡スチロールはピッタリと収まるように切る

 

クーラーボックスが分解できないタイプなら?

クーラーボックスが、
分解できないタイプの場合は、
以下のような改造をしよう。

 

分解の出来ないタイプの改造
  • アルミシートは外側に貼る
     ○クーラーボックスが銀色になる形で
  • 蓋が分解できない場合
     ○建築用の発泡ウレタンスプレーを吹き付ける

 

終わりに

クーラーボックスの改造は、
少しの手間で可能。

 

自分の手で改造することで、
クーラーボックスに愛着がわくよ。

 

効果だけでなく、
気持ち的な物のために、
興味のある人は改造しても良いかもね☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク


おすすめの記事