入梅の候の読み方は、
にゅうばいのこうって読むけど、
意味や時期はどうなっているのだろう?

 

今回まとめたのは、
入梅の候の意味や時期について。

 

ぜひ知っておきたい日本の文化さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

入梅の候の意味は?

入梅の候とは、
梅雨入りを迎えてから使う言葉。

 

だから入梅の候の梅という漢字は、
樹木の梅ではなく梅雨入りを指している。

 

入梅とは?

 

入梅の候に使われる、
梅という漢字は梅雨を表す。

 

そして入梅という言葉は、
梅雨に入る初めの日を指すよ。

 

入梅の候の由来は?

入梅

入梅の候は雑節のの1つ。

 

雑節というのは、
季節の移り変わりの目安となる日。

 

雑節は他にも、
節分、八十八夜、土用などがある。

 

梅雨入りを知るというのは、
農家が田植えの時期を決めるのに、
どうしても必要な事だったために、
生まれたとされているよ。

 

候とは?

ちなみに、
入梅の候に使われるというのは、
古代中国の暦。

 

360日を、
76等分した単位を指しているよ。

 

入梅の候をハガキに使うと

入梅の候は、
ハガキなんかに使われる季語。

 

入梅の候と書くと丁寧な感じだけど、
ハガキに使った場合──

 

梅雨ってジメジメして鬱陶しい季節ですね!

 

こんな意味になる。

スポンサードリンク

入梅の候を使う時期は?

入梅の候が、
梅雨入りを指しているのは、
お分かり頂けたと思う。

 

でも梅雨と一言でいっても、
地域によって入る時期が違う。

 

だから入梅の候という言葉を、
使うタイミングは少し難しい。

 

入梅の候を使う目安は?

入梅の候

入梅の候を使う時期には、
地域差がある。

 

でも入梅というのは、
昔から6月11日を指していた。

 

そして梅雨というのは、
一定の期間を指して使われてきた。

 

これらのことから、
6月上旬~6月中旬であれば、
時候の挨拶として使っていいと、
考える人が多いよ。

 

でも、できることなら……

季節の挨拶には、
相手の安否を気遣う言葉が書かれる。

 

このことを考えれば、
入梅の候を使う場合は、

 

『ジメジメした梅雨の時期ですが、
体調を崩していませんか~~』

 

と、いうような挨拶になる。

 

よって入梅の候という言葉を使うのなら、
相手の住んでいる場所が、
梅雨に入っている必要がある。

 

だから出来ることなら、
入梅の候を使う場合は、
事前に相手の住んでいる地域が、
梅雨入りしているか確認したいところ。

 

終わりに

今回まとめたのは、
入梅の候という言葉について。

 

季語というのは、
雰囲気があっていいよね。

 

日本の静かな気遣いというか、
相手を思いやる気持ちを感じる。

 

入梅の候を正しく使って、
日本の季節を味わおう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事